ニキビ跡に、最高のケアを。

ニキビ治療も肌たるみも飛んでけ!|コンプレックスバイバイ

ニキビを治療する方法

ニキビをつくらない

診察

ニキビは10代の若い時に限らず20代以降もできます。10代のうちは過剰な皮脂分泌によることから顔全体にニキビができる傾向があります。20代以降のニキビのできる原因はストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れが原因であごの周りにできやすい傾向があります。まずニキビができないようケアすることが最大の治療法となります。洗顔をした後の保湿ケアを重点的に行います。洗顔の後に化粧水で保湿することにより皮脂を抑えニキビをできにくくします。ホルモンバランスが乱れないように最低6時間以上の睡眠をとり規則正しい生活を心がけます。肉類中心の食生活ではなく、野菜をたくさんとることと和食を食べるよう心掛けることが大事です。

治療法について

ニキビ治療のための費用やその方法により異なります。短期間で効果を得たいというのであれば、皮膚科で治療を受けることになります。ニキビ跡の治療を行うのであればピーリング法では1回に1万円ほどかかり、これを5回ほど行う必要があります。皮膚科では専門医が肌やニキビ跡の状態を見てから治療法を決めるため、対策内容についても的確となるため治療の効果もより高くなります。多くの人はドラッグストアやネットでニキビ対策の薬や化粧品を購入し、自宅で洗顔後にケアを行っています。この方法での効果は人によりそれぞれです。確かに費用としては5000円もかからないくらいで済みますが、肌やニキビ跡の状態に合わせた薬や化粧水とならないため効果がでるかどうかはやってみないとわからないといったことが多いです。

▼サブページ

▼新着記事

肌のたるみを治せる所

手術前

美容整形手術やプチ整形をすれば、年と共に目立ってくる肌のシワやたるみを治療できます。初期段階のたるみならプチ整形でも改善できます。ヒアルロン酸注射は即効性があり、注射するだけで若返る人気の治療法です。

▶Read More

痩せにくい部分

肥えた下半身

美容整形では部分的な足痩せなどを簡単にすることができます。ダイエットをしても中々痩せにくいという方でもこういった方法もあるので知るきっかけとなえればと思います。費用はかかってしまいますが効果はあります。

▶Read More

他の記事はコチラ

二重整形手術の内容

目の周りの整形

横浜には昔から外国人がたくさん住んでいます。その影響のためか、外国人のようなパッチリとした二重まぶたになりたいと考えて美容外科クリニックを受診する人が多いです。ただし、日本人の顔に合う二重まぶたを選ぶ傾向が強くなってきたため、埋没法による手術を受ける人が増えてきています。

▶詳細へ